発毛剤と育毛剤の違いについて

トップページ 発毛剤と育毛剤の違いについて

発毛剤と育毛剤の違いについて

発毛剤と育毛剤の違いについて

 

世の中には頭皮の薄さやハゲで悩んでいる人が少なくありません。ハゲは中年男性の悩みと言うイメージが以前はありましたが、実は女性も加齢とともに毛髪が薄くなるひとがいます。

 

男性も女性もホルモンの働きによって薄毛やハゲになるのですが、そこで誰もが期待するのが育毛剤や発毛剤の存在です。

 

そもそも育毛剤と発毛剤の違いをよく認識していない人もいますが、実は大きな違いがあります。育毛剤は現在ある毛を成長させる作用があるもの、それに対して発毛剤は全くないところから毛を生えさせる効果が期待できるものです。

 

つまり、効果としては発毛剤の方が強いということです。まずは子の違いから明確にりかいして、自分がどちらに適しているのか判断する必要があります。

 

発毛剤にも色んな種類がありますが、育毛剤との大きな違いとして、男性ホルモンに働きかけると言う作用があります。また医薬品のものも多く、より効果が強いものが医薬品として指定されているケースが多いです。

 

効果が強ければ確実に毛髪が生えてくる、と期待もできますが、注意すべきこともあります。それは発毛剤による副作用の効果です。

 

効果が強くなればなるほどそれだけ強い成分が含まれていると言う事になります。副作用の一部としては、アレルギー反応が起こったり、体毛が濃くなるという現象があります。

 

アレルギー反応というのは、頭皮がかゆくなったり、湿疹が出てしまうケースがあります。

 

特にもとから肌が弱い人は注意が必要になります。また発毛剤は毛髪だけの作用があるのではなく、体全体の体毛に関しても発毛の効果を発揮することがあります。腕の毛やすね毛、ひげなど体の色んな箇所の毛が濃くなる可能性もあります。

 

万が一発毛剤の副作用としてアレルギー反応が出た場合は、即使用を中止することをおすすめします。また自然に治癒しない場合は医師に相談し、適切な治療をすることが大事です。

 

発毛剤は発毛の効果を期待できると同時に、それだけ強い作用が体内で起こっているということを認識することが大事です。

 

そんな発毛剤を入手したい場合は、医師に処方してもらうか、薬局で購入するという方法があります。また個人で直接輸入すると言う方法もあります。

 

育毛剤のようにドラッグストアで簡単に購入することができないのが発毛剤ですが、使用上の注意をよく守り、副作用の可能性を認識したうえできちんと使用すると、人によっては効果が期待できる可能性があります。
発毛剤の口コミ評判なら